パラオ語になっている日本語

 

 

パラオ人はとても親日家。パラオに旅行に来ると、英語のできない人でも、日常会話程度の易しい日本語でしゃべると「半分くらいのニュアンスはパラオ人に通じている?」と感じるかもしれません。

1914年から1945年までは日本がパラオを統治していて、その間はパラオ人の学校教育も日本人の教師が日本語で行っていました。そのため、その頃教育を受けていた、現在70歳以上のパラオのお年よりはみな日本人のように日本語がしゃべれます。もちろん日本人が統治する以前からパラオ語という言葉があり、パラオ人同士はみなパラオ語で会話します。今もそうです。しかし日本の敗戦後アメリカの統治下となったパラオの学校教育は英語となり授業は今は英語で行われています。そのため現在の公用語はパラオ語と英語です。

昔の名残りで、日本語は今やパラオに浸透しており、パラオ語になってしまった日本語がたくさんあります。私の思いつくままに以下に書き出してみました。ちょっとヘンテコで笑ってしまう言葉も多いのですが、パラオ人にとっては普通です。

 

パラオ語

意味

例文

モンダイ

 

モンダイナイ(問題ない)

スコウジョウ

飛行場

 

チチバンド

ブラジャー

 

バショ

場所

 

ドブ

 

 

ヤッコチャン

オウム

 

サシミ

 

 

ニツケ

煮付け

 

シゴト

 

 

エモンカケ

ハンガー

 

トーボー

逃げること(逃亡)

Youトウボウ(逃げたね?)

ゴミ

 

 

ヤスミ

休み

 

センキョ

 

 

デンワ

 

 

デンキ

 

 

シューカン

習慣

 

アメ

 

ツナミ

津波

 

タンジョウビ

 

 

アタマサビテ

だめだなあ・・・

Youアタマサビテ(だめだなあ・・)

アタマホコリ

だめだなあ・・・

You アタマホコリ(だめだなあ・・)

アタマグルグル

混乱している

Youアタマグルグル(混乱しているね)

ツカレナオス

ビールを飲む

イッショニ ツカレナオス(ビールを飲みましょう)

アジダイジョウブ

美味しい

 

ゼンゼンワカラナイ

 

 

チョットマッテクダサイ

 

 

ヤサスィー

優しい

 

ツカレテ

疲れた

ツカレテ?(疲れた?)

ショウガナイ

 

Very ショウガナイ(本当にしょうがないなあ)

ジャマ

じゃま

Very ジャマ(本当に邪魔)

ホントウニ

 

 

ダイジョウブ

 

 

アッテル

お似合い

Youアッテル(お似合いですね)

オイスィー

美味しい

 

サビスィー

寂しい

 

ソノママ

 

 

クルスィー

苦しい

 

アバレテ

怒っている

Youアバレテ(怒っていますね)

ワスレテ

忘れている

 

ハラウ

払う

 

タメス

いかがですか?

ビンロージュ タメス(噛みタバコどうですか?)

アリマス

 

 

クダサイ

 

 

バラス

バラバラにする

 

アナタ

 

 

イッショニ?

一緒に

 

トクベツ

特別

 

オハヨウ

 

 

コンニチハ

 

 

スミマセン

 

 

モシモシ

もしもし?

 

サムイネ

寒いね

 

アチュイネ

暑いね

 

ヨロシク

 

 

アリガトウ

 

 

ゴメンナサイ

 

 

マタアシタ

また明日

 

 

意味といっても元日本語なので、そのままの意味です。表にするほどのことはなかったですね・・・。

例文は日本語と英語が混じって、ホントにヘンテコですが、これで通じます。

パラオ人の英語は、アメリカ英語とは全然違って流暢ではなく、我々にはわかりやすいです。

また、パラオ人のしょっちゅう使う英語があります。私がパラオに来たばかりの時は、以下の英語(?)がやたら耳につきました。

 

     How come○○? :どうして○○なんだ?

     That one are○○ :それは○○です。

     suppose to be○○ :○○であるべきだ。 

     You fix○○? :○○を作ったの?

     soy sauce :醤油

 

また、パラオにはとてもたくさんのフィリピン人が出稼ぎに来ています。パラオへコンチネンタルの直行便があるのがグアムとマニラとヤップだけだからかもしれません。お店の多くの従業員はフィリピン人でパラオ人に比べてとても真面目によく働きます。パラオにフィリピン人が多いため、フィリピンの言葉もとてもメジャーになっています。パラオ人がしょっちゅう使うフィリピン(タガログ)語は以下などです。

 

     マサラ! :美味しい

     アイナッコ! :なんてことだ

     バクラ :オカマ

     プータンギナ! :ちきしょう!

     マガンダ :美しい

     マタイ :死ぬ

 

私はパラオに6年いるのですが、残念ながら全然パラオ語がわかりません。パラオ語は辞書もなくテキストもなく、昔は文字もなかったそうで(近年はアルファベットの当て字で文字にしている)なかなか勉強しづらいです。パラオ人と結婚した日本人女性でも、パラオ語をしゃべっている人はいません。

英語も公用語なのでパラオ人との会話は英語になってしまいます。ただし、かなりパラオ英語です。

私が少しだけ使う、パラオ語を数語紹介しましょう。

 

     ジャガ :ない (例)ジャガ モンダイ

     トウータウ :おはよう

     スーラン :ありがとう

     アリー :こんにちは

     オッオイ :そうです

     モベ :くさい

     モムール :食べましょう

 

パラオ人はどちらかというと恥ずかしがりやです。怖そうな顔の無口なボートマンも多いですが、そんな彼らもパラオ人同士だといつもつるんでずっと喋っています。(お昼のボートマン達がよい例)機嫌が悪いのではなくシャイであまりしゃべらないのです。もしパラオ人とコミュニケーションをとってみたかったら、1度ダイビングのランチを、ビーチに降りずにボートの上で彼らと食べてみてください。彼らの食べている持参の弁当こそがパラオ料理です!おおらかなパラオ人たちは、「タメス、タメス!」と言って分けてくれたりします。目茶苦茶シンプルなおかずですが、なんだかとても美味しいのです。

東 出 陽 子


戻る

YOKOのパラオニュース・バックナンバー
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

薬王寺・柳町 七夕まつり

第32回 薬王寺・柳町 七夕まつり

三社祭(宮入)

三社祭(宮入) 2010年

東日本大震災で
先端が曲がった東京タワー

東日本大震災で先端が曲がった東京タワー

東日本大震災の余震で
混乱する飯倉片町交差点

東日本大震災で先端が曲がった東京タワー


Space by みんなのアルバム